オーガニックメイク落としでおすすめは?|完全無添加にこだわった肌に優しいクレンジング

オーガニックメイク落としと、無添加メイク落としの違いは?

「オーガニック」「無添加」の違いは?

●オーガニック......天然由来の成分を中心として作られているものをいいます。化学的な成分をほとんど含まず、添加物も使用していないものが多いので、開封後、早めに使うことが鉄則です。敏感肌や、アトピー肌向けにおすすめです。

●無添加......化学的な成分の一部が配合されていない、というだけで「無添加」と表記できます。パラベン無添加、という場合は、パラベンだけが配合されていないというわけです。「完全無添加」の場合は、添加物を一切含まない、といった説明になります。

「オーガニックメイク落とし」選びで、チェックしておきたいポイント!

防腐剤は無添加かどうか?

天然由来の防腐剤(例えばフェノキシエタノールなど)もありますが、比較的刺激が強いものもあります。お肌への負担を考えたら、防腐剤は無添加のものが、良いですね。

ノンアルコールであるか?

天然由来のアルコールもありますが、アルコールは肌の水分を奪います。お肌の保湿を、妨げる原因となりえるので、アルコールは無添加、アルコールフリーのものを選びましょう。

ノンオイルであるか?

天然オイルなど、肌に優しいものもあります。ですが、オイルは肌に残りやすく、お肌の汚れを十分に落とせない可能性もあります。なるべく、オイルの入っていないものをおすすめします。


オーガニックメイク落としでおすすめできるのはこれだけ!

こだわった「12の無添加」と「粘着性」のゲルクレンジング

おすすめは「フルリ クリアゲルクレンズ」です。

石油由来の成分は一切不使用の、100%天然由来のメイク落としです。「12の無添加」を実現し、防腐剤は、防腐効果にすぐれた保湿成分を配合することで代用しました。
敏感肌やアトピー肌の方にも安心してお使いいただけます。アルコールやオイルを使用しなくても、粘着性の高いゲルを採用、しっかりとメイクを吸着し、毛穴の汚れも除去します。ついつい触りたくなるくらい、小鼻の毛穴汚れもキレイになりますよ!堅すぎない、絶妙な弾力のゲルが、お肌を優しく包み込み、肌に優しいクレンジングが実現しました。ぜひ試してみてください!

「角質層」の成分に近いゲルを採用

皮膚の細胞と細胞の間には「細胞間脂質」というゲル状の成分が存在します。細胞間脂質が満たされる事で、外的ダメージに強い、丈夫な肌になるのです。その細胞間脂質という成分に近いゲルを採用することで、お肌になじみやすく、肌への負担を大きく軽減 することが可能に。よりお肌を保護しながら、洗浄することがで可能になりました。